JKけんみは二次元がお好き

アニメやらアプリゲームやらの脈絡ない感想ブログ。メインは夢色キャストのプレイ感想。

【夢色キャスト】時はきた。それだけだ。(意訳:Nキャストの魅力を存分に語るときがきた)

 事件です。

 今年のエイプリルフール企画、大変なことが起きようとしています。

 ( ゚д゚) ・・・  

 (つд⊂)ゴシゴシ  

f:id:kenmi3411:20180330020006j:plain

 (;゚д゚) ・・・  

 (つд⊂)ゴシゴシゴシ

f:id:kenmi3411:20180330020133j:plain

 (;゚д゚) ・・・  

Nキャスト-------!!!!!!!

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ(歓喜

 本当にこのお知らせ見た時はおったまげました。とうとうNキャストに光が当たるときがきたのかと。嘘ではないのだ。Nキャスト芸人としてこれほど嬉しいことはない!!    Nキャストがたくさん出てくるオリジナルストーリーが読めるってことでよいんですよね、運営様!?!?!?!??!(大興奮)  # そうでなかったらSEGA本社突撃もんだよ

 またさらに「このタイミングでくるか!」と個人的にびっくりしたことがありまして。実は私(来月は、何について記事書こうかな~~久しぶりにNキャストについて語る記事書くか!)って、つい1週間前から「【夢色キャスト】今だからこそNキャストの魅力を語る」という記事をちまちま書いてたんですよね。まさか、公式でこんな企画があるとはつゆ知らず。まさに天啓。神が与えたもうた機会。これを逃さずしてどうする。

 ということで、今回はNキャストの魅力について存分に語らせていただきます。

 ちなみに、各人のプロフィールや性格等を知りたい方は、Nキャスト全員についてまとめたこちらの記事をどうぞ。   kenmi3411.hatenadiary.jp

 そもそも、Nキャストとは?

フレンドポイントガチャで引けるレアリティNのカード。恒常曲をプレイするとドロップするカードもある。ゲームでは明言されていないが、小説版の設定では、夢色カンパニーの養成員。ゲーム内では、アンサンブルとして舞台に立つだけでなく、大道具班、小道具班、衣装班……等々の様々なチームに分かれて仕事を任されており、メインキャストとともに舞台を作り上げている。

 では、そんなNキャストの魅力とは?

1. 顔がいい

 まずね、これ言わせてください。

 顔がいい。

 大概モブキャラのカードイラストってメインキャストに見劣りすることが多いですが、夢キャスは一味違う。みんな、顔がいい。しかもちゃんと、かわいい系、かっこいい系、スポーツマン系、爽やか系、イケおじ系、と大体のジャンルを網羅している。  

 典型的な例を出しますと、、、

f:id:kenmi3411:20180330020703j:plain

 そんなキラキラな笑顔でこっち見るなよ……。目が溶けるよ。品田くん嫌いな人とかいるの?このスマイルなんなの?(キレ気味)マジで、品田周は法律で禁止したほうがよい。  こんな調子で幅広いジャンルのキャストが揃っております。

 とくに私が推したいのは、満田拓夫くんです。通称みっちゃん(公式)。

f:id:kenmi3411:20180330020720j:plain

     マジで、みっちゃん、これ!見てください!!片目隠れてて、一見さらっと見落としてしまいがちなんですが、マジでこの子くそイケメンじゃありませんか!?!?!?しかも覚醒した時の、このしてやったりスマイル見てくださいよ!!!!鼻血もんだよ。

 ……という感じで、一人ひとりが \作画がいい!/ 状態で、素晴らしいのです。ぜひ皆さまお気に入りの顔を見つけてください。

2. 味のある個性

 現時点で31人のNキャストがいるわけですが、その誰もが非常に味のある個性を持っています。どこかのゲームでメインキャストをはってもおかしくないくらいとんでもない尖った人材だらけでして、改めて朝日奈主宰の人を見極る力に感服するところであります。

 そんな個性豊かなNキャストの中で、恐らく一二を争うくらい人気なのでは……?と勝手に思っているのが、岡行二くん。何故なら岡くんが実装(?)された時の周囲の反応が一番盛り上がった記憶があるから。

f:id:kenmi3411:20180330020741j:plain

 無類のUFO好きで、そのギークっぷりは全カンパニーの知るところのよう。まどかに「”UFOを見つけて驚くキャラ”といったら、岡くんしか思いつかなくて……」というセリフまで言わせて、その役を拝命しているというレベル。どんな芝居のどんなキャラだよ、と思わず突っ込まずにはいれらないのですが、そうさせてしまう何かが岡くんにはあるのかもしれません。しかも岡くんも御多分にもれず顔がいい。

 あとは、問題児枠として日暮日音くん。

f:id:kenmi3411:20180330020751j:plain

 もうね、お分かりの通り目がいっちゃっているわけでして。なんだかメインキャストの誰かに執着しているようで、その言動一つひとつがヤバいです。

 あとは、#ショタ #ツンデレ という無敵枠として西園寺雅輝くん。

f:id:kenmi3411:20180330020759j:plain

 さらに、アイドルを目指して挫折してミュージカル劇団員になった御年40歳の相木徹さんという強キャラもおります。

f:id:kenmi3411:20180330020808j:plain

 ちなみに、前述のみっちゃんこと満田くんも、ルンルン動画厨というオタクでゲーム大好きというおいしい設定があります。    そんなこれだけの強い個性を持ったキャラクタの中で、ひときわ輝きを放つのが、この大場民夫くんなわけですよ。

f:id:kenmi3411:20180330020819j:plain

 知ってますか皆さん。  彼、バドミントンの羽根で窓ガラス割るという、中国の鉄の球を飲むおじさんもびっくりの技を持っているんですよ。

 いや、おかしいだろwww 物理法則とか、もうどうなってるんだろう。

 あまりにも彼のことが好きすぎて(というかびっくりして)、彼だけ単独で記事書いたこともあるくらいです。

kenmi3411.hatenadiary.jp

 もちろんここに書ききれないくらい、愛おしいキャラクタが揃っているのがNキャスト。  一人ひとりに強い個性があり、彼らの過去やバックグラウンドを妄想させる余地があるのが、このNキャストという奥深さ。ぜひ一人ひとりのドラマを読んでいただき、いいな!と思うキャラクタを見つけてみてください。時間がなければまとめ記事読んでいただけるだけでも、よいです!!!!ぜひ!!!!!  

3. メインキャストとの絡みがおいしい

 実は結構メインキャストとの絡みがあるのが、このNキャスト。彼ら個人のドラマだったり、イベントドラマだったり、雑誌のインタビューだったりで、ぽろぽろと絡みがあることが示唆されています。

 例えば陽向は、「レッスン後、みなさんで食事に行ったりはするんですか?」という質問に対して(いつかの『2D☆STAR』記事より)、

(中略)ほかには大道具の大工(真)さんとか、衣装の船越(光輝)くんとか…。それと品田(周)くんとも一緒に行くのが多いかな?

 と、答えているわけです。マジか、と。もう、これだけで美味しさ抜群というか、白飯5杯はいける、みたいな。     あとは、クリスマス公演で昴サンタのトナカイ役として、卯月隆くんと船越光輝くんが抜擢されています。オープニングトークでカードイラストまで出てきて紹介されているVIP待遇。昴と息のあった演技を展開していたと、メインキャストの口から語られています。

 他にも「見えざる手」のドラマや、最遊記コラボイベント等々……非常に多くの場面で彼らがメインキャストと絡んでいるのを見ることができます。

 大工さんと陽向って何の話するのかな……とか、卯月くんと船越くんは昴とどんな風に演技を作り上げていったのかな……って考え始めると、もう妄想が止まらなくなって、降りる駅乗り過ごしますよね。それくらいトリップできるネタを公式が投下してくるので油断ならないわけです。

Nキャストとメインキャストと脚本家。全員揃って「夢色カンパニー」

 こんな風に色々な魅力があるNキャストですが、何故私がこんなにもNキャストに惹かれるかというと、Nキャスト=夢色キャストの世界感を体現しているもの、と思っているからです。

 Nキャストって言うなればただのモブキャラであって、通常似たようなアプリゲームであれば、メインキャラクタとの絡みはほとんどないと思います。モブキャラはモブキャラとして独立している。あとはただのレベル上げ要員みたいな。

 でも、夢色キャストのNキャストは一味違くて、彼ら一人ひとりがちゃんと「夢色カンパニーの劇団員」として機能している。ただのレベル上げ要員としてカードが存在しているわけではないのです。モブカードさえただのゲームの要素として終わらせずに、「夢色キャストという一体感ある世界を作り上げる」ために彼らを作り上げたことが伝わってくるのです。

 それってまさに、何よりも【世界感】を大切にしている、夢色キャストそのものを象徴しているのではと思うのです。彼らをちゃんと夢色カンパニーの日常の中にちらつかせてくれることで、夢色カンパニーが一つのミュージカル劇団としてより色づいて見える。そんな素晴らしくも重要な役回りを彼らNキャストは果たしているのだと感じています。

 最も彼らを息づいて感じられるのは最遊記コラボイベントのドラマです。メインキャストだけでなく、夢色カンパニーの日常/非日常の中でたくさんのNキャストが活躍してくれます。  本当に、このドラマ初めて見た時は鼻血が吹き出しそうになったんですよ、興奮して。そして萌えだけでなく、「夢色カンパニーという劇団を絶対に守る」と村長(主宰)が強い意志を持って語る重要な燃えドラマでもあって、そのドラマに多くのNキャストが出演しているということ自体が、素晴らしくないですか。

 つまり、メインキャストだけでなく、Nキャストとそして我々脚本家、ひいてはスタッフ全員が揃って「夢色カンパニー」なんだな、と。そんなことを強く感じさせてくれます。  

 これだから夢キャスやめられないぜ。

 今回のエイプリルフールイベントでは、キャストアルバムで空白になっていた7人のNキャストが新たに登場するようで、これまた非常に楽しみです。どんなドラマを展開してくれるのか!個人的には、アプリ始めてから一番の謎だったといってもよい「君の名は……?」が解決したこと。Nキャストのドラマアイコンの、一番右の彼が誰なのか謎だったのですが……。

f:id:kenmi3411:20180330021748j:plain

 ジョナサン!

 更新を全裸待機して待ってます。