ビギナーキロク二ストの記録帳

漫画やらアニメやらAppゲームやらの脈絡ない感想ブログ。メインは夢色キャストのプレイ感想。朝日奈響也への思いが垂れ流し状態です。

【夢色キャスト】伊織お誕生日おめでとう!



 伊織、お誕生日おめでとう!その手に持っているハシビロシの人形はどこへ行ったら買えるんだろうか!すごーい!かーわいー!!

 「自分、不器用ですから」

 と言う言葉が夢カン一似合う演技のできる男。演技に対しては自分なりの価値観を持っていて、響也に憧れを抱きつつ、対等に意見を交わせる貴重な存在です。さすがライバルポジションなだけあって、凸凹の関係で互いに足りないものを補い合っている。頑固だけど、納得すれば柔軟に対応できるすごい人。
 プライベートはハシビロシ好きというかわいい一面も持っていて、そのギャップがたまらん。あと釣りが趣味とか渋い。たまらん。モーニングのカードで、二度寝しちゃうキャラが伊織だったのがなんだか意外で、かわいいなぁってほっこりしました。たまらん。




 そんな伊織の一番印象深いキャラクタはBOYS IN WONDERLANDのマッドハッターです。



 未だ根強い人気のある夢キャス初期イベント。当時はイベントのキービジュアルがTwitterで予告される時、キャラクタが黒抜きで誰がどんな役なのか分からなくてとってもドキドキワクワクしたのを覚えています。キービジュアルの中心にいるキャラクタが「伊織か!?伊織なのか!?伊織だ!?」とざわざわして、発表されて「やっぱり伊織だーー!」と喜んだことをすごく印象に残っています。
 また、まだ夢キャスが肌色キャストだったとき(う、、頭痛が、、)、この伊織はとても世界観にハマった”マッド”なビジュアルでどストライクでした。覚醒しても不用意に肌を見せないのも好き。この伊織をセンターにして白しっぽを追いかけたのも良い思い出です。
 さらにこのキャラクタは、性格もひん曲がったちょっと不思議な設定で、伊織の演技力の高さも感じられます。引き込まれる。アリスン蒼星との絡みを死ぬ気で観たい。
 イベント報酬カードですが、とてもとても大事なカードです。



 これからも夢カンの中で、常にあるべき姿の本質に引き戻す貴重な存在として輝き続けて欲しいです。